【山口陽介】端のないところから言葉がやってくる。


あるとき夜空を見上げたら、

端のない黒い紙になっていって、
 

そこからじんわり、

文字がやってくる。
 

あ、い、う、
 

黒い紙の中で、

手を広げると、
 

文字がスピードスターみたいに、

ヒュンヒュン飛んできて、
 

何かのカタチになっていった。
 

そのカタチは、

言葉だった。
 

その言葉は、

ときに光って、

たまに意味がないようにみえて、
 

生きてるように、

どこかに行ってしまう。
 

グズグズ

崩れていく。
 

下の段にある文字と文字が

ひっついたり、

消えたりして、
 

遊んでいるようにみえる。
 


 
 

 

 



☆★ こちらをクリック ★☆
↓↓
〜●〜●〜●〜

yoske yamaguchi exhibition
@wakayamaの詳細はこちら

 

〜●〜●〜●〜

北海道洞爺湖芸術館春の特別展
詳細はこちら

  

〜●〜●〜●〜

10秒で完了する!
アドレスを登録するだけで
ブログ更新情報がメールで届く!

〜●〜●〜●〜
 
2019年へんてこカレンダー発売中!
 
〜●〜●〜●〜
 
毎月アートが届く!
会員の申込随時募集中!

 
〜●〜●〜●〜