月をさがす旅<二部作>・制作秘話あとがき


_DSC0018

新作できました。

今回は二部作に、挑戦しました。
二つでひとつの作品です。

黄色が「昇の章」

_DSC0012

赤色が「沈の章」

_DSC0001

二つあわせて、「月をさがす旅」
という作品になります。

最近の作品では、
点や間の間隔のゆとりにストーリーを感じ、
描いていました。

今回は、流線の不思議さを意識して描いてみました。

空白に突然あられる
穂や円。

そこを自然の流れにまかせて、
泳ぐ金魚たち。

何を感じているか。
何を見ているか。

それは、作品をみた人のみが
知りうることだと思います。

○作品ストーリー

<月を探す旅>
『昇の章』『沈の章』

見てるうちは、気づかぬ
探してるうちは、見つからぬ

気づいたとき、1歩ちかづく
経験したとき、見える

その冷たさは、足下しか感じられず、
知らぬうちに、白い世界に

心うばわれる輝きのすぐ近くに、
真実の月はある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA