大火事のスラムのみんなと折り紙でワンハート!最終日!


最終日!大火事のスラム村へ!

ギリギリまで決断に迷ったこの日。

理由は、
壁や建物、人の状況が危なくて、
空気が健康に影響してしまうかも。
長時間いれないから、アートをするのは
難しい。

そんな昨日の夜、

ぼくは、ふと
「なんのために来たのか?」
を思い、その答えが、

「なかまが応援してくれ!って、
助けてくれ!って言ってたからや!」

ということを
思い出しました。

今回行ったスラムだけでなく、
本当は、まだまだたくさんあるわけで。

他がどうでもいいわけじゃないけど、

でも、ジェフと聖子さんが、困ってた。
元気がなくなりそーになっとった!

だから、

来た!ここに!

みんなの力を借りて!
みんなと一緒に!

そして、朝、

「絵の具持っていくだけ、持って行って、
流れに任せて見よう!」

そして、

到着した地は、
ビニールシートが屋根で、
壁もほぼない。
狭くて、
ただの仕切りのような状態やった!

絵を描ける状況じゃない。

そして、
知る人ぞ知る、
のび太くんの称号を得てる
ぼくは、

「ハートの折り紙講座」にした。

そしたら、盛り上がったー!!

確変で飛行機にもできるから、
みんな喜んだ!

ここまできたら、
プレゼントもやっちゃえ!

これまた、喜んだー!!
たかひろのおやつも、配った!

外人さんを見たことない子たちは、
宇宙人をみるようにびびってたけど、

すごい喜んでた!
赤ちゃんとか、
ムサボリ食ってた!

ノートもペンもあげた!

二度渡しそーになったぼくらをみて、

「わたしは一つもらってるから、
この子にあげて!」

って言う女の子に、

「お、お、おま!おまえ、
めっちゃ純粋やんけー!!!!」

と、子どもみたいなおじいちゃんは、
もろくも、泣きそうになりました。

この状況で、この言葉を言えるのは、
本当にすごいな!

とココロから思いました。

だって、食べものも飲む水も、
困ってるから。

最後は、なぞの、
「Yo-chan!!!」
合唱で、一瞬風靡。

たかひろ監督が、
撮影してくれました。

ショートムービーになるそうです。

兵庫の個展より、
報告会も兼ねて上映予定です。

すごくリアルな
ノンフィクションを
お届けできると思います。

兵庫3区の個展は、
今だから言えるお話が出来ると
思います!