ランプとほしぞら。


11016098_788508531229546_3881857187376879325_n

11025199_788508364562896_8952897871461376247_n

10422967_788508621229537_5526064863548415152_n-1

ひとりの人が
ランプをもっている。

夜道を急いで歩いている。

夜があける前に帰らねば。。。

足を止めて下を向いた。

ランプの
オイルが切れてしまった。

切れた瞬間、
夜空が輝いてることに気づいた。

宇宙が鏡に写って
反射しているように見える。

ランプが切れなかったら、
この景色に出会えなかっただろう。。

夜空を見上げていると、
すーーーっと、光がやってきた。

そして、ランプに入っていった。

夜があけるまで、
心躍る道のりになったとさ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA