人は言い訳を聞きたい生き物。


ぼくが19歳ぐらいのときだったと思う。

ほんとに、まあ、
悩み、繊細で、気が弱くて、よく泣く人間で。

(今も変わらないだけどもね。)

何かあるたび、魔女先生のアトリエに、
夕方頃行っては、

怒られたりも、慰めてもくれて、
今思えば、よくよく聞いてくれたもんだなーって。

その中で今、思い出すのが、

「人は言い訳を聞きたい生き物」

っていう言葉。

ぼくがその19歳くらいで、
先輩に怒られてるとき、

ずーーーっと口答えもせず、
ずーーーーーーっと気にして。
ずーーーーーーーーっと、心の中を手放さず。

【言われてることに、
すべてにおいて「はい。そうです」と応え続ける】

「言えばいいっしょや~~!(北海道弁)」

I am YESMAN!笑

全部、そうです!
全部、あなたの言ったとおり!

と応える。

応えるんだけど、

心が「実は、ほんとうは、○○なんだけどなー」
っていうことがあるので、苦しい。

この「○○」←のことだって言ったところで、
その人が傷つくようなことでは、もちろんない。

ただの、事実的なこと。

なのに、言わない。笑

そして、その人も、
ぼくが言わないので、いっぱい言ってくる!

その人は、本当はぼくの心の声が聞きたくて、
言ってるのに!

なのに、言わない。笑

ずーーーーーっと繰り返し。笑

そこで魔女先生に、そのことを聞いてもらったとき、

「人は言い訳を聞きたい生き物」

「人間は、完璧じゃない。

成長していくために、話をする口がついてる。聞く耳がある。」

と言ってくれた。

ぼくも、言ってくれてた人も、

ぼくが成長を止めてしまってた!

めっちゃ損してた!

それに気づいて、少しずつ、
言えるようになっていった。

話を聞くっていうのは、
YES!YES!っていうことやない。

YES!YES!は、全然、話聞いてない証拠や。

話を聞くというのは「お話をする」っていうこと。

「ちゃんと、じぶんの思ったことを言う。」

これが、相手の話を聞いたよ!っていうこと。

これを気づかしてくれたのが、魔女先生。

じぶんの思ったことを言って、はじめてつながる。

心も、やりたいと思ってることも。

ここから、かなり飛躍させてもらったなー。

絵や作品を見てもらおう!
っておもったキッカケかもしれん。

「語るより見て感じたことが語ること」と思ってた。

いや、今もそれは、思ってる。

でも、

「言い過ぎない程度に、言わせてもらうこと」
も必要かもしれないなーっということを、

今、最近、いろんなお声かけしてもらう中に感じてる。

きっとそれが、今のぼくには出来るので、
神様があたえてくれてるんだろうって、思ってる。