地球が消えて1になるのは哲学的にも科学的にもホンマの話


今日、昼から、

あたまが痛くなって、

小一時間くらい寝たら、

夢をみた。

 
 

(夢の話やけど、スピリチュアルな話じゃないよ〜)

 

あたま痛かったのは、

あんまり関係ないねんけども、笑

 

夢の中でね。



夜中に、

ちょこっとした丘をのぼっていて、

星を見に行ったら、

 

ちょうど、

星が一個消滅する瞬間をみえたのよ。



(地球の時間でいうところの〜)何万年も前に、

消滅した星の輝きが、

たった今、地球の夜空で輝きが消える。

 

っていう現象。

 

(この現象は、科学っていうか、地球でいうところのホンマの話。

まあ、肉眼で見えるんかは知らんけど、そこは夢やし。)

 

(夢の中の実際の感じは、

パッて消えるっていうより、

徐々にうっすら消えて行った。)



「星が一個消える瞬間ってホンマにあるんやな〜」

 

なんて、一瞬ボーーーーっと思ってた。

 

そしたら、ある考えが浮かんできた。

 

『もしかしてさー、地球も

あちらさん(地球でいうところの見えてる星)からしたら、

結末わかってたりするんちゃうん!』

 

あの人立場になって思ってみたら〜的考えやねんけど、

 

あちらさん(地球でいうところの見えてる星)の時間単位でいうところの、

今!は、

何万年も前には、もはや、地球は終わっているから、

 

今!(地球時間的に)

地球の結末もすであって、

美しく散ってる大いに可能性があるやん!

 

(二回言うけど、スピリチュアルな話じゃないよ。笑
これはひらめきという考察。)

 

ぼくが

急に、

あちらさん(地球でいうところの見えてる星)の星人になれたとして、

 

『あ〜今、星(地球)消えたな〜キレイ!』

とか言ってる可能性がある。

 

ぼくらは、今、地球に生きて、

自由に暮らしてる。。。。

 

ように思う。

 

だけど、実際はすべて決定していて、

それをたどってるにすぎない。

 

ぼくらは、ただ知らないだけ。

 

ぼくらは、もっともっともーーーーっと自由でよくて、

何をしても、プロセスも、地球が美しく散ることが決まってる。

 

ただ、それだけ。

プロセスや結果に、

意味なんてない。

結果にコミットせんでいいねん!

 

あちらさん(地球でいうところの見えてる星)からすれば、

「わ!消える瞬間見ちゃった!キレイ!」

ぐらいのもん。

 

と思った瞬間。

 

(↓ここだけちょっと夢ぽくなってる)

録画のは早戻しみたいに、

惑星バーン!からの地球にもどり、、、、



夢からさめた。

 

さめて思った。

 

これは哲学的にも科学的にも、

ホンマの話やと。

 

ネットショップはこちら

 

山口陽介の原画展はこちら