全部、水の話


飛行機にのって、

地上から雲をぬけていくと、

ときどき、雲海がみえる。

 
 

本も、ノートも、ペンも、

音楽を聴くためのイヤホンも、

持っていかなかった。

 
 

そうすると、

寝るか、

その雲海を見つめて考えるか、

この二択しかやることがない。

 
 

最近、不眠気味なぼくは、

ほとんど眠らず、

想像と考えるを繰り返す。

 
 

「この雲も、ぜんぶ水なんだ」

「ということは、ぼくらは、水と水の間で生きてるなー。」

「ましてや、湿度もあるし、ずっと水の中にいる」

 
 

飛行機にのると、

雲をぬけて雲海にでる。

飛行機は、潜水艦なんだな。